Q&A

【答えはシンプル】バカラの罫線は1つで大丈夫!【それでも勝てる】

こんにちは、バカラの達人(@baccarat_wins)です。

このブログでは、初心者が軍資金3万円で月に10万円を稼げるようになる為の必勝法やノウハウを公開しています。

適切なバカラ戦略を使用することで、バンクロールを増やし、勝率を上げ、ゲームプレイを次のレベルに引き上げることができます。

 
助手のヒロコ
助手のヒロコ
バカラで利益を上げるには「罫線」に詳しくなる必要があるってネットに載っていたんですけど、本当なのでしょうか?調べてみたら「罫線」にも沢山の種類があって、どれを使ったらいいのかわからないのですが、どうしたらいいでしょうか?

 

バカラの達人先生
バカラの達人先生
確かに「罫線」の種類は全部で4種類あるけど、全部覚える必要もないし、1つの「罫線」でも使い方次第で確実に利益を上げ続けることができるんだよ!今回は、バカラの「罫線」について解説していくね。
 
 

本記事では、この4つの内容を解説していきますね。

  • バカラの罫線とは、何なのか?
  • バカラの罫線で使う言葉
  • バカラの罫線は大路だけで大丈夫!
  • 大路(ダイロ、ダァルー)一択

この記事を書いている私は、バカラ歴6年ほど。

1年ほど前に月7桁を継続して達成し、現在は休養を兼ねて、ブログ発信で皆様にバカラの楽しさと稼げる情報を提供しています。

バカラの研究を手伝っていた時に、真っ先に目を付けたのが「罫線」でした。

バカラで利益を継続していくためには「罫線」の使い方を知る必要があるので、今回は、バカラの「罫線」について解説していきます。

バカラの罫線とは、何なのか?

バカラの罫線とは、何なのか?

「バカラの罫線」とは、過去のゲームの勝敗をわかりやすくまとめて表にしたものです。

バカラは運の要素が高いゲームと言われることが多いですが、「罫線」を記録することにより、ゲームの流れと勝敗を把握でき勝率を上げることができます。

「罫線」は、流れや勝敗を把握し予測しやすくする要素もありますが、シンプルなバカラをより楽しくする必需品でもあります。

「罫線」には、「大路」「大眼仔」「小路」「甲由路」の4種類があり、罫線の基本の「大路」は、日本人がよく使う罫線でもあります。

4種類の罫線の読み方

  • 大路(ダイロ)
  • 大眼仔(ダイガンチャイ)
  • 小路(シュウロ)
  • 甲由路(カッチャロ)

「罫線」は本来、自分で記録していくものですが、オンラインカジノでは、罫線が既にゲーム内で記録されており、誰でも見れるので書き方の心配をする必要はありません。

「バカラの罫線」の見かたを覚えればいいだけです。

「バカラの罫線」でよく使われる言葉を解説します。

バカラの罫線で使う言葉

バカラの出目で「パターン」or「ロジック」が起きた時に使う専門用語を解説します。

バカラ専門用語一覧

  • 落ちる=大路で「プレイヤー/バンカー」の片方が連勝し下に伸びていくこと
  • 横に走る=「プレイヤー」と「バンカー」が交互に勝つこと
  • ツラ(面)=「プレイヤー/バンカー」が連勝が続くこと
  • 横ヅラ=「プレイヤー/バンカー」が交互に勝つこと(横に走ると一緒)
  • テレコ(テンコ)=横ヅラや横に走ると同じ意味
  • ニコイチ=2勝1勝2勝1勝と続くこと
  • ドラゴン=「プレイヤー/バンカー」の連勝が続き、縦の枠以上になること

バカラ用語は、国や地域によって色々な言い方があるので、ざっくり把握しておけば大丈夫です。

「バカラの罫線」の種類の見かたを解説します。

バカラの罫線は大路だけで大丈夫!

「バカラの罫線」には「大路」「大眼仔」「小路」「甲由路」の4種類があると解説しましたが必要なのは1つで十分です。

バカラは「従属事象」ゲームなので、残っているカード次第で一定パターンの出目が続きやすくなります。

 

バカラの達人先生
バカラの達人先生
「独立事象/従属事象」のどちらかによって「必勝法」「攻略法」の考え方が全くかわってしまうから「【確率と大いに関係あり】バカラは独立事象/従属事象どっちなの?」を読んでね。
 
 

バカラは「従属事象」ゲームなのを理解するのも非常に大事なことなので「【確率と大いに関係あり】バカラは独立事象/従属事象どっちなの?」を読んでください。

ここで予測するのに必要になるのが「バカラの罫線」になります。

過去の情報を集め未来を予測する大事なツールなのですが、覚えればいいのは「大路」だけで大丈夫です。

大路(ダイロ、ダァルー)一択

「大路」は罫線の基本になります。

バカラ罫線(大路)

「大路」の表の見かた

  • 左の上から始まる
  • バンカーの勝ちは「
  • プレイヤーの勝ちは「
  • タイ(引き分け)は「/
  • 連勝は下に続く
  • 連勝が途切れたら右に移動

「大路」は、非常にわかりやすいシンプルな表になっています。

(例1) 左上のは、バンカーが勝ったということです。このの下に、またがあります、これは、バンカーが2連勝したということです。その次に、/があるのですが、これは、タイ(引き分け)ということになります。

(例2) 左から2列目のは、1列目の/の後に、プレイヤーが勝ったので、2列目に移り、になります。

(例3) 左から3列目のは、2列目のの後に、バンカーが勝ったので、3列目に移り、になります。

1列目から3列目までの流れ

  • 1ゲーム目=バンカーの勝ち=
  • 2ゲーム目=バンカーの勝ち=
  • 3ゲーム目=タイ(引き分け)=/
  • 4ゲーム目=プレイヤーの勝ち=
  • 5ゲーム目=バンカーの勝ち=

「大路」は、「罫線」の基本なので絶対に把握しなければなりません。

把握することができなければ「必勝法」「攻略法」をマスターすることはできなくなります。

「大路」の重要性は特定のパターンからギャンブルの波を掴み、次の出目を予想することが「大路」を使う狙いです。

間違いなくギャンブルの特定の波を掴むための大きなヒントを教えてくれます。

「大眼仔」「小路」「甲由路」は、私は「大路」の1つしか使わずに何年も継続して勝ち続けたので必要ないと思っているので解説はしません。

まとめ

 

助手のヒロコ
助手のヒロコ
バカラの「罫線」といっても4種類もあるんですね!4種類すべての「罫線」を覚えて使えるようになるのは大変だけど「大路」の1つだけ勝てるようになるなら安心です。

 

バカラの達人先生
バカラの達人先生
むやみに、4種類の「罫線」を使いこなそうと思わずに、1つの「罫線」を工夫すれば「大路」だけでも十分の利益を継続して稼ぐことができるんだよ!
 
 

今回は【答えはシンプル】バカラの罫線は1つで大丈夫!【それでも勝てる】について解説しました。

バカラの「罫線」には「大路」「大眼仔」「小路」「甲由路」の4種類もあります。

ただ、使いこなせないのに4種類の「罫線」を無理に使うようにしても、それは小手先の技術にすぎません。

自分の使いやすい「罫線」をみつけ「システムベット」「大数の法則」「時間の法則」「資金管理」などを組み合わせれば勝ち続けることができるようになります。

自分に合った「罫線」を極めてください。